手術から5年後

2017年7月9日

三田病院

昨日、整形外科と内科の定期検査で病院へ行ってきたついでに病院の前で記念撮影してきましたよ〜っ!

ちょうど5年前の今日、朝から手術衣に着替えてビクビクしていた事を、思い出しましたね。時が経つのは速いですが、あれから5年後…どう変わったのか?

20160624_02

ヘイッ!レントゲンは異常なし!いつも通りの安定の角度ですよ(笑)。

私の場合は腰椎までボルトを入れていないのですが、5年経ったので次の検査では胸椎・腰椎に問題がないか念の為にMRIを撮ることになりました。

また、2年前に発覚したバセドウ病を治療する薬も、毎日0.5錠飲むのを1日おきに飲むことになったから、薬を飲む量が減り寛解に近いのかな?と思っちゃったり。まー気長に待ちましょう!
20160624_03

先生に「背中の痛みや感覚はある?」と聞かれ、「ん〜首の根元から肩甲骨にかけては、まだまだ麻酔がかかった鈍い感覚がありますが、生活する上では全く問題ありません。」と答えたり、先月1人でバックパッカーな旅をした事を先生に話すと、驚かれたのと同時に、もう大丈夫だね!と安心している様子でした。

背中の傷跡の状態を診てもらったり、前屈姿勢をして背中に分度器のようなものをあてられ、コブ角を測って異常なし!ということで終了しました。

背中の傷跡写真はまた今度載せますが、以前と比べてだいぶ消えていっている状態ですし、背中の痺れ・感覚が鈍いのは微妙に消えていっているかもしれないんですが、5年経ってもあまり変わってないかな?という感じですね。

この5年間で変わったのは、体力をつけようと思い、外へ出て行動する時間が圧倒的に増えたことと、髪の毛の色くらいでしょうか(笑)。入院していた頃の写真を見てると、あり得ないくらいの色で笑っちゃうくらい酷いなぁ。