側弯症の人がマカオタワーでバンジージャンプした結果

2016年3月29日

聖ポール天主堂跡

と書く予定でしたが時間の都合上、実行する事ができず残念!

3月19日~21日の3日間で香港・マカオ・中国、そしてちょこっとフィリピンに滞在するという弾丸一人旅をしてきました。マカオから中国へ歩いて国境越え、マカオの世界遺産30箇所を制覇、マカオタワーに上ってバンジージャンプをするのが目的。

この写真はマカオにある聖ポール天主堂跡で韓国人に撮ってもらったのですが、セルフィースティック(セルカ棒)を持っている人はかなりの確率で韓国人でした。日本ではあまり見かけなくなったセルフィースティックですが、韓国では流行っているのでしょうか?!

20160327_02

香港までは羽田空港から直行便が出ているのですが、あえて成田空港→フィリピン→香港という乗り継ぎ便も面白そうだなーっとエクスペディアでポチッとしちゃいました。そうです、フィリピン航空とニノイ・アキノ国際空港の評判悪いコンボはどんな感じなのかを味わってみたかったのです(笑)。それにしてもマニラは34℃で暑い…。

20160327_04

香港も20℃前後で湿度が高く蒸し暑い!シンフォニー・オブ・ライツが見えるチムサーチョイ・プロムナード&マカオ行きフェリー乗り場&空港直結のエアポートエクスプレスが停まる駅…これら全てが徒歩圏内にある九龍というところに泊まりました。

 

關閘

マカオのフェリーターミナルに着いてから「関閘/Portas do Cerco」行きと書かれたバスに乗り、いよいよやってきました。ここがマカオと中国の国境です。歩いて国境越えという興奮は日本では味わえません。さすが日本のパスポートは強いですね。パッパッパッと顔とパスポート照らしあわせて「あー日本人ね。ハイどーぞ」って感じで出国・入国審査はすぐに終わりました。国境越えは女のロマンでもあります(笑)。

20160327_03

国境を越えてこちらが中国・広東省の珠海(ジュハイ)。だだっ広く薄暗い、歩道が汚い、ぶつかっても謝らない、信号赤で車が走ってるのに大勢で渡る等、日本で見かける中国人観光客そのもの!日本の常識は世界の非常識を感じる瞬間でもありました。
また、海外でもネット出来るようにポケットWi-Fiをレンタルして持ち歩いていたのですが、噂通りLINE・Twitter・Instagramが全く繋がらず…中国政府が規制しているのはホントでしたね(笑)!

珠海を散策した後、再度マカオへ入国をし、徒歩で世界遺産30箇所を制覇していると元々ポルトガル領だけあって街並みが美しくてまったりし過ぎちゃったのです(笑)。それが原因で時間の都合上、肝心のマカオタワーへは上がれずじまい。次に行く機会があればバンジージャンプに挑戦します!

飛行機ですが、長時間乗っていると背中の痛みが必ず出てきますね。私は機内では本を読んだり、iPadでくだらない動画を見たり、旅行中に撮った写真を眺めたりするので、どうしても顔を下向きにする時間が長くなるので首の付根と連動して背中も痛くなります(笑)。こういう時はネックピローと背中にクッション挟んで痛さを紛らわしています(去年シンガポールへ行った時に大活躍)。

ゴールデンウィークを国内や海外で過ごす予定がある側弯症の方、飛行機に乗る機会があればネックピローとクッションがあるだけで背中や首の負担はだいぶ楽になりますよ!